むくみと骨盤矯正の必要性

奈良市で骨盤の歪みを改善するなら富雄げん鍼灸整骨院

当院では骨盤の歪み・その他の症状を取り除く為、月額4980円で

骨盤矯正の受け放題プランをご用意しております。

 

骨盤矯正の効果によくむくみがよくなると書いてある記事をよく目にしますが、なぜかご存知ですか?

今日は私が骨盤が歪むとなぜ浮腫みやすくなるか、なぜ骨盤矯正がむくみに効果的かご紹介します

そもそもむくみってなに?

皮膚の下にある皮下組織と呼ばれるところに余分な水分が貯まることで起こります。

むくみには病気によるものと病気以外のものがあります。
病気によるものは全身全体がむくむ全身性のものと、一部又は片側だけむくむものがあります。

病気以外によるむくみの原因としては、
①長時間同じ姿勢をとること
②塩分、水分の取りすぎ
③お酒の飲み過ぎ によるものが多いです。

今日はその1つだけをお伝えします。

原因の説明をする前にむくみにはカラダの中にある水分の量が大きく関わっています。
人の体の約60%は水分でできています。
その3/2は細胞内液にあって3/1は細胞外液というところに分かれています。
むくみとなってしまうのはこの2つの水分量が変わってしまうことで起こります。
これらの水分は、細胞に栄養をおくったり、からだにとって要らないものを除去する役割を持っています。
更に細胞や、血管の中を行き来してからだのなかの水分のバランスを保っている働きもしています

①長時間同じ姿勢をとる

なぜかというと、血流が悪くなるからです。
血液の流れは心臓の強力な力により押されて全身に回りますが、心臓から1番遠い足に血液を流すのは重力に従うので簡単に流れますが、そのあと足から、心臓に戻すのには重力に逆らうので力が必要です。
その役割をしてくれるのがふくらはぎの筋肉です。第二の心臓と呼ばれるくらい強力な力をもっています。
しかし、同じ姿勢でいるとふくらはぎの筋肉を使わないのでうまく血を流すことが出来ずに先ほどお話ししたように血液のなかを行き来している水分がうまく流れなくなってしまってむくみとなってしまいます。
なのでヒールをはくとむくみやすいのもこのことがあるからです。
ヒールはつま先立ちの状態で歩いているのと同じでスニーカーを履いている人よりもうまく筋肉を使えていないからです。

腓腹筋は、蹴り出したときや足首をたてに動かしたときに使う筋肉なのでヒールを普段から履いている方はその運動をせずに歩くのでむくみやすいです。
なので休憩の時にヒールを脱ぎ、足を縦に動かす運動をするとむくみには効果的です!!

なぜ骨盤矯正がむくみに効果的なのか?

それは血流が良くなるからです。
先ほどは筋肉を使っていないから血流のながれが悪くなるとお伝えしましたが、心臓から流れてきた血液は骨盤を通り足に向かいます。心臓に戻すときも同じで足から骨盤を通って心臓に戻ります。
その途中の骨盤が歪んでいたら血液の流れが悪くなります。
なので骨盤矯正はむくみには効果的なんです。

気になる方は一度ためしてみてはいかがですか??

次回は塩分、水分によるむくみと栄養についてご紹介します!!😊